ブリーチとテールスラップ

ホエールウォッチングを楽しむには、クジラのダイナミックなアクションの種類を少し勉強しておくと、更に感動が大きくなると思います。
ブローなどの基本的なアクションの他に、よく見かけるのが「ブリーチ」と呼ばれる行動だと思います。

このブリーチとは、三分の二ほどの体を一気に海面に飛び出させ、体をひねるようにしながら海中へと沈んでいく行動です。
大きなクジラほど、このブリーチをしている様子は圧巻で、水しぶきも遠くまで飛んでいきます。

このブリーチを行う理由は未だ研究中だそうですが、諸説ある中では寄生虫の関係や、仲間との意思疎通、クジラ特有の遊びの一つなどと言われているそうです。

この他に、もしも見ることが出来たらラッキーな珍しいアクションとして、「テールスラップ」があります。
このテールスラップは、フルークアップよりも尾びれを海面に激しく叩きつける行動の事を言います。

クジラのアクションにはそれぞれに意味があると言われていますが、このテールスラップについては、警告や威嚇の意味があると言われています。

どの行動についても、決定されたことがないのが残念ですが、雰囲気を読む限りではまんざら間違っていないようにも感じ取れると思います。

関連する記事